我が家の入歯事情について

Leave a comment

実家の母、姉が入歯です。
母66歳、姉43歳です。
母は私を含めて四人の子供を出産しています。母子手帳にも歯科検診用紙があるので出産経験が多い程に歯が弱くなるんだなと感じます。

今まで色んな歯医者に通っていた母。
部分入歯なので途中で痛くなったり気持ち悪くなったりするみたいで長年悩んでいました。
自分にあった入歯や歯医者を選ぶのは大変で苦労するみたいですね。
なので小さい頃から歯医者によく連れていかれて歯は大事にしなさいと口が酸っぱくなる程に言われてきました。

そんな私は今、大の歯医者嫌いです(笑)
歯みがきが大嫌いで5年くらい前に行った歯医者ではこのままだと40歳になるまでに総入歯になるよと言われました。
でも歯医者に行くのをやめてしまいまして本当に痛くてたまらない時は歯科大学病院に行って麻酔をして治療してもらっています。

次に姉ですが姉は一人しか出産していません。
歯みがきも毎日欠かさずしていますしそんな人でも入歯になるんだなとゆう印象です。
しいて原因があるとすればたばこですかね。
長年吸っていますので歯はヤニで黄色っぽく入歯になる前は差し歯でした。
今でも入歯専門の歯科医に通っているみたいです。

私自身もたばこを吸っていますので将来的に心配ではあります。
私には母と姉の他にも家族がいますがみんな歯並びが悪かったり歯医者に通っていたりと歯に問題がある身内ばかりです。遺伝しているかは謎です(笑)
私は歯医者が嫌いで歯みがきが嫌いでありながら正直、入歯には偏見があります。
やはり家族の苦労を見てきましたし不便さなどを考えると自分は入歯にはしたくないです。
でも本当にどうしようもなくなると入歯にするしかないですよね。
私は嫌な部分しか見えていないだけで入歯になってよかった人や幸せな人もいらっしゃると思います。そんな方々の話も聞いてみたいです。
私も子供を二人出産しました。
そしてまだ子供を生みたいと思っています。
年をとるたびに弱くなっていく歯に不安もあります。

姉のように40代で入歯になりたくないです。
今は昔に比べると医学も進んできているので入歯にしなくてもいい方法や治療法ができたらいいなと切に願います。
好きなものを自分の歯で食べれるありがたみに日々感謝して大事にしていきたいと思います。
そしてわが子達にもしっかりと伝えていきます。
私のように歯医者嫌いにならないように、自分の歯は自分で守るように育てていきます。

使わないものはすぐに衰えていく

Leave a comment

20161206
数年前から夕飯時に白米を食べなくなってそれが今でも続いています。
当時は仕事が忙しくて帰宅時間も遅く、その時間から普通に夕飯を食べていましたが、もともと太りやすい体質で仕事も座り作業なのでほとんど動かないため遅い時間に食べていたことでどんどん体重が増えていき、ワンシーズンで2キロは太ってしまいました。
さすがに危機感を感じて、その頃から夕飯時はなるべく白米を食べないようにしています。
それがあまりよくないことだとはわかっていますが、食べる時間が早かったとしてもあの頃のような太り方をするのが怖いのです。
最近では、祖母たちや父親に合わせた食事が出てくるのでほとんどが必要以上に柔らかいものばかりです。
お菓子もおせんべいなどの硬いものが苦手で洋菓子ばかりです。

先日、夕飯時に母がスーパーで買ってきたちらし寿司が出ました。
母が忙しい時はこうして買ってきたものが食卓に並ぶので、そのときは白米でも食べます。
そのちらし寿司は「少し多いかな」と感じたくらいの量で、でも普通に食べきれる量です。
その他にもおかずが少し出てきました。
夕飯はいつも少なめなのですがそのときは全て食べきるのはお腹いっぱいで苦しかったです。

違和感を感じたのは、ちらし寿司を食べきったあとでした。
お腹いっぱいでおかずに手をつけるまでに少し時間がかかりました。
出てきたものを残すのは嫌いなので無理してでも全部食べます。
おかずを食べ始めたのですが、何故か噛むのがだるいと感じたのです。
そんなふうに感じたことは今まで1度もありませんでした。
食べ進めてもしばらくはだるさが消えなくて辛いと思うほどです。
そこでふと思ったのが「久しぶりに白米を食べたからではないか」ということです。もち米のようにモチモチしていて1回で噛む回数は多かったような気がします。
白米を食べなくなって夕飯の量も減らし、今は事情があって昼食も食べていないので顎の力が衰えたのだと思います。
母もその意見には賛成してくれて、ガムを噛んでみてはどうかと提案してくれました。
まだ実行はしていませんが、いいアイデアなので実行してみようと思います。

たった3ヵ月でサイズアウト!?

私には生後13ヵ月の娘が一人います。
周りの子に比べると発達が(^_^;)早く、1歳になったばかりとは思えないほど(・。・;歩きも安定し、今もたったたったと(^_^;)歩き回っています。

そんな娘の為に母がファーストシューズを買ってくれたのは今年の春のことでした。
子供の物ってなんでもかんでも(+o+)高いですよね。
ファーストシューズも「こんな小さいのにこんなにするの⁉
私の靴、(・。・;何足買えるんだよ!」と値段を見て驚いてしまったのを今でも覚えています。
あれから約3ヵ月。もう(;一_一)サイズアウトの予感です。
というのも最近、歩くのは大好きなのに靴を履いて歩き出すと急にしゃがみこんで(>_<)脱ぎたがるようになってしまいました。
そんなわけで先日、ショッピングセンターに行ったついでに今履いているブランドのお店に行き相談したら「ちょっと小さいかもしれないですね~」と言われてしまったのです。
「こないだ買ったばっかりなのに~⁉」と嘆いていると、店員さんから「この時期のお子さんは、だいたい3ヶ月で(^_^;)サイズアウトしてしまいますね」と説明がありました。

3ヶ月に1度買い替えが必要だなんて思ってもいなかっただけに驚きです。
高い靴を買っても直ぐ(・_・;)サイズアウトしてしまうなら、もったいないので次はもう少し(+_+)リーズナブルなブランドの靴を履かせようと思っています。

兵庫でエステボディケアを初体験!感想は…

最近身体が(>_<)疲れていたので、疲れるとよく利用している
リフレクソロジーサロンに行ってきました。

私はエステマッサージが好きで、マッサージ屋さん巡りをしています。
同じ所に(^_^;)何度も通うことは少なく、よっぽど(*^^)v気に入らないと、
次回は別のサロン探しをするのですが、
その兵庫のエステサロンは通い始めてまだ3回
温めたストーンやアロマオイルを用いたマッサージがとても気持ちよくて、
リピーターになっています。

セラピストの先生は、私のことを覚えてくれていて、
先日行った時に、雑談をしました。
そのサロンではエステボディケアも行っていて、
ちょうどエステボディケア体験キャンペーンを行っているということで、
通常料金半額で施術が(・_・;)体験できるというので、
リフレクソロジーの施術に続いて、体験してみることにしました。

リフレクソロジーは、ヒーリングが目的ですが、
エステボディケアは痩身や代謝力を上げる効果があるそうです。

始めにホットタオルで身体を温めてからカッサという石を加工した
器具で身体をマッサージ師てくれました。
これは温かくて(*^_^*)気持ちがいい!
だけど、次の施術が…(>_<)痛かったです。

そこのエステボディケアはセラピストの先生が手技で
身体をすごい力でつまみながら揉み出していってくらたのですが、
驚くほど(>_<)痛い!痩せるためには、それほどの刺激で強く脂肪を動かして
燃焼させるんだそうです
お腹や背中をとにかくこれでもかというほどにつまみねじられ
動かされました。治療が終わった後は、身体が熱をもっていました。

私は痛いのが苦手なので、エステボディケアはもう1回で十分だなと思いました。

食べる量を減らしたら身体が楽になりました

自分は昔から疲れやすく、
いつも身体が重い感じがしていました。(>Δ<`*)
ゆっくり休んでも効果はほとんどなく、
またなんとなく気分も塞ぎがちでした。

そんなある日、少食が健康に良いという話を聞きました。
その話によると「無理して食べる必要はなく、
空腹を感じたら食べるくらいでちょうどいい
とのことでした。
最近はあまり食欲もなかったこともあり、
すぐにそれを実践しました。

朝が一番食欲なかったので、
ご飯茶碗によそるご飯をいつもの半分以下に抑え、
おかずも少なめにしました。
昼も少なめにし、夜はいつもどおり食べるという食生活です。

そんな生活を続けてみたら、
心なしか身体の調子がよくなりました。
特にお腹の調子がよくなったんです。(^^)

お腹のはる感覚もなく、非常に快適です。
今までは食べることが健康につながるという認識でしたが、
食べないことによる健康もあるのかもしれないですね。(*^-^)ゞ

慌てて病院に

先日、生後7か月を控えた次女が夜中にを出しました。
生後6か月を越すと母親からもらった免疫が切れて病気にかかる、
というのは知っていました。
だから、そろそろ何かの病気にかかってもおかしくないな、
と思っていた矢先の発熱でした。
幸い熱は翌日中には下がり、発疹も出なかったので突発性発疹でもなく、
ただの発熱だったようです。

それから5日後、昼間に授乳していると…
再び次女の手が熱いことに気づきました。
先日の発熱ほどではないですが、あったかいな、あれ?と思って
熱を計ってみると37.1度でした。
午後の診療時間に病院に連れて行こうと思ったのですが、
たまたま長女が家庭訪問週間で早く帰って来てしまうので、
その時間はなさそうです。

慌てて病院の予約を取り、自転車を飛ばして病院に向かいました。
熱は大したことはありませんが、鼻水がひどく、
鼻水が喉に流れ込むことで咳も良くしています。
病院は全然混んでいなかったので、すぐに診てもらうことができ、
薬もすぐに処方してもらえました。
午後一番に診てもらうより、午前最後くらいに診てもらうほうが
空いているから楽でした。
今度からはそれを(?_?)覚えておこうと思います。

大したことはしていないのに、病院に行ったら次女は疲れてしまったようで、
ぐっすり(-_-)zzz眠ってしまいました。
眠ることで回復できるのだったらいくらでもゆっくり寝かせてあげたいのですが、
元気いっぱいの長女が帰ってくるので、そうも(^_^;)言っていられない次女です。

とにかく早く全快しますように、((+_+))嫌がっても頑張って
を飲ませたいと思います。

medical_syohousen

審美歯科でホワイトニング

最近前歯とその周りの歯の色が少しずつ違う色になっていっていると感じ始めました。

前歯は差し歯で周りの歯は自分の歯なので、差し歯の方が白いままで自分の歯が

少しずつ色が黄色っぽく変化しているようでした

ホワイトニングをやっている審美歯科を探すと、会社の近くにあることに気づきました。

その審美歯科を予約し、さっそく相談します

最初に歯を診察してもらい、歯がどんな状況かを見てもらいます。

先生が言うには虫歯かそうで無いかで少し方法が変わるということでした。

虫歯なら治療しますと言うと、「そうですね、そうしましょう」と言われました。

全ての歯を調べてもらったあと結果を聞くと、幸い虫歯はありませんでした。

そしていよいよホワイトニングの説明をしてもらいます。

まずはどのくらいの歯の白さにするかを決めます。

前歯と同じ色にしたいとお願いすると、実は前歯よりは気持ち暗めにした方がよいそうです。

その方が歯が立体的に見えて結果的に歯が綺麗に見えるそう。

すごいなぁ審美歯科

歯を白くするプロですね。

そうして色を決めてもらうと、次はマウスピース作り

歯の型を取ってもらい、次回にはマウスピースが出来るそうです。

あとはそのマウスピースに薬剤を入れて、1日2時間装着するだけだそうです。

そして次の回、マウスピースが出来上がりました。

さっそく帰って先生に説明された通りに装着していきます。

まず歯を綺麗に磨きマウスピースのトレーに白くするための薬剤ジェルを少し付けます。

あとはこれを綺麗に歯に装着して2時間待つと、1日分が完了。

これを2週間ほど続けるそうです。

そうすると確かにその頃になると少しずつ色が白くなってくる感触が

自分が求めていた色に近づいてきてテンションが上がってきました。

たぶんあと2週間もすれば最初に決めた色になるだろうと先生は言っていました。

もうあと2週間。

白くなっていくといいな。

ha

椎間板ヘルニア治療は早めの対処が重要です!

事務職などデスクワーク、現場仕事、農家の方…
多岐の仕事をする方において、職業病として最も多くあげられている
病気のひとつ、椎間板ヘルニア

放っておくと、最終的には手術や長期の療養を要する(>_<)やっかいな疾患です。

椎間板ヘルニアは腰椎の5番目の骨の部分に起こることが多いですが、
仕事柄起こることが多いので、仕事を(ーー;)放棄することができず、
放置されている方も多いようです。

早期だと、運動や腰痛体操、鍼治療など保存療法(手術をしない)でも
改善することが可能です。

痛みを和らげたり、仕事をなんとかこなすために、シップを貼ったり
コルセットを巻いたりする方も(^_^;)いるようですが、根本の治療にはなりません。
適度な安静や正しい筋肉の補強などが有効です
その場しのぎの対処療法をしていても治ることはないので、
早めに病院を受診して、正しい治療を受けることをおすすめします

病院に行くと赤外線治療などを受けることができます。
椎間板ヘルニアの治療は整形外科に行くことになりますが、
整形外科は((+_+))混んでいることが多いので、
毎日の治療には接骨院や鍼灸院などもおすすめです。

きちんとした経験のある施術師のいる接骨院や鍼灸院では、
手術など大きな治療を要さず、手技によってのアプローチをしてくれます。

コルセットを使用している方も多いようですが、
コルセットは一度使用してしまうと、コルセットに頼るようになり
かえって腰の筋肉が(>_<)弱ってしまう原因になってしまうこともあるので、
素人判断でその場しのぎの対処をせずに、一度早めに病院へ行き、
正しい対処方法をしることをおすすめします。

状態によっては筋トレなど運動をしたほうが良い場合と、安静にした方が
良い場合があると思います。
筋トレも間違った方法や過度な(ーー;)負担を与えてしまうと、
椎間板ヘルニア悪化を引き起こすこともあります。

いずれにしろ、放置していて悪化しても普段はわからず、
症状が出てきた時には重篤な状態になっている、ということもありますので、
早めに正しいアプローチをしましょう。

娘の顎関節症

中学生になる娘は、小さい時から歯医者で
「顎が小さく将来、顎関節症になる(ーー;)心配があります。」
と言われてきました。
その為には、良く噛み、出来るだけ硬いものを食べさせるよう
言われていたのですが、(^_^;)なかなかそうもいかず。
もともと、食の細い娘は、硬い食べ物より柔らかい食べ物を好み、
また、良く噛むどころか、流し込むような食事のとり方しかしてこなかったのでした。

その事は気にはなりつつも、治すこともできず、
とうとう、中学生になって顎関節症の症状(>_<)現れてきたのです

初めは、顎がカクカクとなりようになり、これぐらいは誰にでもある事と、
気にもしなかった私。
その後、ご飯を食べる際、噛むことが((+_+))苦痛だと言い出したのです。
しかし、これと言った痛みはないようで、ただ単に、
ご飯を食べると顎が疲れるという事でした
部活などで忙しい娘をすぐに病院に連れて行く事もできず、
しばらく様子を見る事に。

そして、夏休みのある日、自分から歯医者に行きたいと言い出したのです。
話を聞くと、食事中、結構な顎の(>_<)痛みが出てきたという事。
急いで予約を取り、係りつけの歯医者で診てもらう事に。

レントゲンなどの撮影後、診断結果はやはり、顎関節症だったのです。

しかし、まだ娘の場合は、軽度という事で外的な治療は必要ない
という事で一安心。
なので、歯科医から、ご飯を食べる際などの顎の動かし方
また、日ごろからでも行う事の出来る顎の運動などを指導してもらう事に
どうしても(>_<)痛い場合は、温めたり痛みどめを飲めばいいという事で、
それらも処方していただきました。
そのままにしておいたら、器具の装着や手術まで必要になると
言われた娘はやっと自分の顎の大切さに気付いたようで、
歯科で教えてもらった事を素直に実践していました。

そのお蔭で、良く噛んで食べる子になり、
少しづつ痛みも緩和してきているようです。
私が言っても聞かなかった事でも、
医師から説明されると真剣に受け入れるもの。
もっと早めに受診しておけば良かったと思っています。

本格的に顎関節症の治療を行うほどでもなかったので(^_^;)良かったですけど。