娘の誕生日をディズニーリゾートで過ごしました

Leave a comment

20160912b

我が家には小学一年生の娘がいますが、娘は小さい頃からディズニーの大ファンです。
娘が3歳になった時、大好きなミニーちゃんに会う為に初めて東京ディズニーランドに遊びに行きました。
地方に住んでいる為頻繁にディズニーに行く事が出来ず、年に1~2回ですが家族でディズニー旅行を楽しんでいます。

今回は小学生になって初めてのディズニー旅行となり、娘の夏休みに合わせて旅行の計画をする事にしました。
夏休み中は娘が誕生日を迎えると言う事もあり、初めて誕生日当日をディズニーリゾートで過ごす事にし、娘の希望もあって前日はシーに行き、誕生日当日はランドで過ごすスケジュールを組みました。

予定が決まってから宿泊先のホテルを予約し、最寄りのディズニーストアで家族分の2デイチケットを購入しました。
旅行の準備が進むとやはり気になるのが当日の天気です。
ディズニー旅行の数週間前からネットの天気予報をチェックしていましたが、残念な事に2日共雨予報でした。
しかし、娘の誕生日当日をディズニーで迎えると言う事に意味があると思ったので予定変更はせず、雨具の準備を万端にして出発当日を待ちました。

小学校の一学期終業式が終わり、いよいよディズニーリゾートに出発する日がやって来ました。
自家用車で前日の夜に出発し、休憩と仮眠をとりながらシーに直行すると言う強行スケジュールでしたが、無事にシーに到着する事が出来ました。

気になる天気は残念ながら予報通り朝から雨で、開園前はちょっと残念な気持ちで列に並びました。
しかしシーの門が開いた途端、雨の事等すっかり忘れてテンションがマックスになり家族で夢の国の門をくぐりました。

シーでは夏恒例のずぶ濡れショーであるミニーのトロピカルスプラッシュが開催され、小雨降る中でしたが思いっきり水をかぶり、ディズニーの夏を満喫しました。
トロピカルスプラッシュの後は、この夏初めて開催されたショーやキャラクターグリーティングを楽しみ、最後に大好きなファンタズミックのショーを見て宿泊先のホテルに向かいました。

誕生日当日、この日は娘の大好きなランドで誕生日を迎えました。
娘はシーでキャストさんにもらった誕生日シールを胸に貼り、ランドへと向かいました。
この誕生日シールを貼っていると、多くのキャストさんが娘にお祝いの言葉を声をかけて下さり、驚く事にパレード中のキャラクター達からもリアクションを貰えます。
一番感動したのが、娘が大好きなプリンセスにハッピーバースデイと言ってもらえた事です。
娘はちょっと照れくさそうに満面の笑みでありがとうとお礼を言っていました。

ミッキーマウスに会う事が出来るミートミッキーでも、大好きなミッキーからおめでとうのリアクションとハグをしてもらい、娘の念願だったミッキーのサインももらう事が出来ました。

こんなに多くの人達にお祝いの言葉を言ってもらえたのは初めてですし、娘も今までで一番心に残る誕生日になったと言っていました。
ディズニーには何回も行った事がありますが、娘の誕生日をディズニーリゾートで過ごすのは初めてでしたし、天気があまり良くなかったと言う事もあり、いつもより楽しめないのではないかと心配していましたが、やっぱりディズニーはいつどんな時に行っても期待を裏切りませんでした。
ディズニーでの誕生日が、こんなに幸せな気分にさせてくれるとは本当に期待以上の感動です。

娘はディズニーリゾートの旅を終えた後すぐに、来年も絶対自分の誕生日にディズニーに行きたいと言っていました。
誕生日のディズニーは一緒にいた私や夫までも幸せな気分にしてくれるので、来年も是非娘の誕生日にディズニーに行きたいと思っています。
家族で心に残る楽しい思い出が出来、また一層ディズニーが大好きになりました。

インターネットは本当に必要だと思います。

Leave a comment

みなさん普段どういった時にインターネットを使いますか?
若い子だとSNSが多いと思います。

LINEやTwitterは高校生、大学生だと当たり前に使ってる方が多いです。
私ももちろんLINE、Twitterは使っていますがそれ以外にも使うことはたくさんあります。
今はインターネット予約で色んなお店が予約できます。
美容院や飲食店、アミューズメントなど…
今やスマートフォンやパソコン1台でなんでも出来ちゃう時代になりました。
例えば、初めて行く場所で遊ぶ時にオススメの周辺スポットや、美味しいご飯屋を調べたりします。
その他にテレビで気になった芸能人やテレビで紹介された商品を調べる時もインターネットですぐ調べることが出来ます。
その他にも芸能人のブログやゲーム、動画などインターネットがあるから全て見れるんです。
私が普段インターネットを使うときは、調べ物をする時や、飲食店について調べます。
この単語の意味はどういった意味なんだろう?と気になった時に使ったり、服が欲しい時はその服屋のサイトを見たり、YouTubeで音楽を聴いたり動画を見たりしています。

なんといっても私は音楽が好きなのでYouTubeで好きな歌手を調べミュージックビデオを見たり、新曲をチェックしています。癒されたい時は猫の動画をずっと見ています。インターネットを開いたら気付けばもうこんな時間?っていう経験はありませんか?特にYouTubeやニコニコ動画といった動画サイトを開いたら、次の日に予定が何も無い場合だとだいたい夜中の2時を過ぎています…
あと、犬と猫が好きなのでインターネットでずっと画像を検索して1日中見てしまいます。
ペットを飼っている方のブログを見て、そのペットの表情を眺めています。
それからNAVERまとめを知っていますか?

それぞれのカテゴリーに分けられていて、例えば「猫 可愛い」と検索すると色んな人がまとめた猫の可愛い画像や動画が出てきたりします。
「Twitter 面白い」で検索するとTwitterで面白い事を呟いた方のツイートがたくさんまとめられていてついつい爆笑してしまったり…とても見応えがあると思います。

私は洋楽が好きなのですが、英語が全く理解できないのでよく歌詞をコピーして意味を調べています。
知恵袋などを見るととても分かりやすく日本語訳に直してくださっている方がいるので、インターネットが無いと不便だと思いました。
私はインターネットが無いと今後生きていけない気がするくらいよく利用しています。

どこまでも進化し続けるホームページ

Leave a comment

私がホームページを作成したのは、インターネットを始めて間もなくでした。文書作成ソフトにホームページを作る機能がついていて試したところから始まります。その出来上がったHTMLファイルをメモ帳で開いてみて、これなら自由自在にホームページが作れると思い本格的な作成に乗り出しました。

最初はHTMLによる情報発信だけが目的のページでした。自己紹介だったり、友達のページへのリンクだったり、本当に簡単なものでした。するとある時、友達のホームページに何やら面白いものをみつけました。掲示板です。他にもカウンターやら動作の面白いものがありました。私は早速その友達にメールをしました。その時のメールは未だに友達に突っ込みを入れられますね。要件を書かずにその時の感動だけを伝えるメールだったようで、友達がなんとなく空気を読んでやり方を教えてくれたのでした。

それから私は、CGIというPerlプログラムを勉強したり、Javascriptというプログラム言語で動きのあるホームページの作成を試みました。特にはまったのがCGIですね。掲示板だけでなく、本当に色々なことができてしまいます。サーバ側に情報をためこんで、それを処理して情報が発信できるようになるのです。分かりやすくいうと、HTMLだけだと文字の情報をそのまま発信することしかできません。しかしCGIが使えるようになると、誰かから受けた情報などをサーバ側に蓄積し、それを処理して発信することができるようになるのです。例えば掲示板だったり、カウンターだったり、アクセスログだったり、サーチしてホームページ内のデータを検索したりすることもできるのです。

しばらくすると、今度はスタイルシートというものが広まっていきました。ホームページをより細かく表示設定できるものです。ここまでくると流石に趣味でやるのは大変になってきましたね。それでも多少なりとも知識がないと、綺麗なホームページは作れません。必死になって基本的な部分だけは覚えました。

こうして現在では、HTML、CGI、そしてスタイルシートと覚え、それなりのホームページを作っています。頑張って作り過ぎたので、個人のホームページとしては日本一大きなサイトになっているのではないかと自分では勝手に思っています。もちろんこれからも作り続けていきますよ。ただ複雑なのはしんどいので、これからはあまり複雑化しないで欲しいですね。

最後に一つ念の為に書いておきます。ウェブサイトのことを日本ではホームページと言いますが、本来はブラウザのホームに設定するページのことを言います。私はそのホームに設定するページも自分で作成し、ブックマーク的な使い方だったり、よく使う情報だったりを表示するようにしています。ここではPHPというプログラム言語を使っていたりしますが、本当にホームページ作成には色々な知識が必要となりました。完全にプロの領域と化してきていますね。
computer_obasan

突然調子が悪くなった職場のパソコン

Leave a comment

昨日、職場でいつも使っている私の席のパソコンが、急に調子が悪くなってしまいました。
突然動きが遅くなったり、起動中のソフトが落ちてしまうことが立て続けに起きて、さすがにこれはおかしいなと思いました。
別に普段と変わったことをしていたわけではないし、いつも通りに仕事をしていたつもりでした。
以前は古いパソコンを使っていたのでこういうこともたびたびありましたが、パソコンを入れ替えてからはしばらく順調でした。

最近になってときどきこういうことがあって、結局のところ再起動して直ることが多かったりします。
私の場合だとファイルの開きすぎとか、いろいろとパソコンに不可を掛け過ぎているのかもしれません。
仕事中にはついつい面倒臭がっていろいろなアプリケーションを開きっぱなしにすることがあります。
調べ物をするために、ブラウザのタブを何十も開いていたりすることもあるので、そういうのが間接的な原因になっているのかもしれません。

昨日もそんな感じで、再起動をした後は調子が良かったので、最終的に原因は分からずじまいです。
寝て起きたら風邪が治ってしまったとか、人間でいうとそういうテンションに近いような気がします。
しかし、パソコンなのできっと何かしらの原因はあると思うのですが、素人ではあんまりよくわからなかったりします。
とりあえず動いてくれればいいやと思っているのですが、どうやら他の人のパソコンでもときどきあるそうです。

あまり頻繁なら心配になりますが、結局いつもうやむやになってしまっていたりします。
またしばらくしたら起きるんだろうなと思っているけど、その後に困ることがなくてしばらく使えてしまうので、なかなか解決には至らないんですよね。
家でプライベートで使うパソコンは、何かトラブルがあった時には自己責任なので、そういうことがあれば能動的に対処するようになります。
でも、会社のパソコンだとなかなか勝手に触らない部分とかもあり自由も利かないないので、ついつい先延ばしになってしまっています。
computer_nekorogaru_man

ソフトの買取はインターネットの利用が便利

Leave a comment

ソフトを売りたいと思っているときには、ソフトの買取をしているお店に持って行くことが多くなります。
ですが、実際にお店にソフトを持っていって買取査定をして貰うと、それほど高値にならない事も多いのです。
事前に買取金額が分かっていればいいのですが、査定して貰うまで分からないことが不便に感じるのではないでしょうか。

そんな中で買取を依頼するときに便利なのが、インターネットを使う方法になります。
通販サイトも兼ねている場合もありますし、買取専門で運営しているサイトもあります。
こういったインターネットを利用した買取の場合、実は事前に金額の査定を知る事が出来る場合が多いのです。
ですから査定額が低くてガッカリすることが避けられますし、何よりも複数のサイトを比較して、その中で一番高額で買い取ってくれるお店を利用する事が出来るのです。

金額を知る方法としては、買取用のサイトで検索をすると買取価格の上限を表示してくれるシステムのサイトがあります。
他には売りたいソフトのリストを送ることで、見積額を折り返しメールなどで教えてくれる場合もあります。
折り返しの場合は連絡までに数日かかる事もありますが、自分で検索する場合はその場で分かるので便利なのです。

ただ、インターネットのサイトを利用するときに注意したいのは、どのくらいの量を買取して貰いたいかという事になります。
中には少ない本数でも送料や手数料がかからないサイトもあります。
ですが、買取金額が設定金額以上なら無料になったり、本数が何本以上なら無料になるなど条件付で無料になる場合もあるのです。
こういったサイトで買取をして貰うときには、手数料がかかることも含めての金額を比較する必要があります。

同じように注意したいのは、振込手数料が必要な場合もあるということです。
実際のお店に持っていく場合には、その場でお金を貰うことが出来ますから振込手数料は必要ありません。
ですが、ネットを利用した場合には、お金を振り込んで貰う事になるのです。
その手数料がいくら必要になるのか、もしくは無料になっているのかも確認しましょう。
あまり大きな金額ではありませんが、買取で期待していた金額を手にできないことになりかねません。

通販サイトも運営している場合には、現金を振り込むのではなく、ポイントで受け取れる場合もあります。
もし運営している通販サイトで買い物をする予定がある場合には、ポイントならば余計な手数料がかからないことが多いのです。
場合によってはポイントの上乗せなどもありますから、よく考えて比較することが大事になります。

利用する場合には注意点がいくつかありますが、買取を依頼する場合にはインターネットの利用が便利なのです。

パソコン業務は効率よく!

Leave a comment

pctokui

社会人の方ならほとんどが使用しているパソコン。
以前よりも機能が発展しているのでパソコン業務は楽になりましたが、それでも効率よく業務を行いたいですよね。

そんな方にオススメのパソコン業務の方法をご紹介します。

  1. ショートカットを作成する
    よく利用するデータはショートカットを作成して、デスクトップに保存しましょう。
    使う時にクリックして開くだけなので、いちいち探さなくて済みます。
    また、ショートカットはのタイトルは拡張子に依存しないので、自分の分かりやすいタイトルに変更する事が出来ます。
  2. デスクトップはシンプルに
    ついついデスクトップにデータを保存してしまいアイコンがずらりを並んでしまう時がありますが、各データはフォルダに入れ、アイコンの数は最小限にしましょう。
    オススメの方法は、分類ごとにフォルダを作成し、その中にデータを保存します。
    そして、分類ごとに分けたフォルダを、1つのフォルダにまとめます。
    たったこれだけでデスクトップはスッキリ。
    デスクトップに保存しても同じに思えるかもしれませんが、アイコンだと文字表示に限りがあるので文字情報が少なく、目的のデータが探しにくいです。
    また、デスクトップ全体にアイコンが並んでいると新規でデータを開く際ウィンドウを最小限にする必要がありますが、アイコン量が最小限だと左端に並んでいるので、ウィンドウをずらすだけで新規でデータを探すことが出来ます。
    そして、これに 1.の方法を一緒に使うとさらに効率よく作業が出来ます。
  3. よく使うソフトはタスクバー、よく使うデータはデスクトップ
    タスクバーの特徴は、ソフトを一覧表示させるところです。
    デスクトップで使用するショートカットとの大きな違いは、カーソルを合わせると「最近使用した項目」が表示されます。
    なので、一旦データを閉じてまた確認したい場合、上記の方法だとデータを探さなくてもデータを開くことが可能です。
    オススメなのが、ソフトはタスクバー、データはデスクトップと分けて使うことです。

パソコン業務は最小限の動作にすると、ぐっと作業が短縮できます。
是非やってみてください(^_^)/

できてるようでできてなかったPCが壊れた時の心づもり。最低限の心掛け

Leave a comment

PCが突然壊れてしまった、友人の飲み友達のお話です。

pcbroken
PCの故障なんて他人事だと思っていました。
もちろんバックアップなんて碌にしていなかった...
それでも何とかなるだろうと、あの頃の私は甘っちょろいことを考えていました。
そして、その日は突然やってきたのです((+_+))

PCの電源を落とそうとしたら、更新プログラムが働いてなかなか落ちません。
仕方がないとしばらく放置して、離席をしたのが今思えばそもそもの始まりでした。
しばらくたって戻ってみると画面は消えていました。私はなんの疑問も持たず、ノートPCを閉じて出張へと持って行きました。
翌朝、出張先のホテルでPCを起動したところ...起動ボタンを押すと、ヴィィィンとかすかな音、そして見慣れた画面が映し出された――と思ったら、いきなり画面が落ちて、真黒な画面...
そして次に出てきたのが

operation system not found

の文字でした((+_+))
その後、PCはその画面から動いてくれなくなり、慌ててスマホでこのエラーコードをググったところ、つまりはハードディスクにアクセスできないという事でした。

真っ青になって再度起動ボタンを長押しして電源強制終了。
そして、私はここで再び起動ボタンを押してダメ押しをしてしまったようです。

今度はしっかりと聞きました。 「ブチっ」と何かが焼ききれたような音を(‘ロ'(‘ロ'(‘ロ'(‘ロ’ )!!!(;°□°)

そしてPCにはまた、呪いの文字にしか見えない、「operation system not found」の文字が...

実は、年の瀬、数日で年が変わるという何とも間の悪すぎる時期で修理業者さんにあちこち電話をしても予約でいっぱいだといわれてしまって(-“-)  みんなそんなにPCを故障させているの?? こんな年末に???
同志よ、お前もか。と、そこは妙に親近感が沸き、目の前にいるのなら抱きしめてやりたくなったのだが、冷静になってみればこのままではいけない。 仕事が押していたこともありお正月も2日から仕事をしなければならない。
なんとしても、2日までには直したい。でも、直るのかな このPC……?

内心半べそをかきつつあちこち電話で問い合わせた結果、ここから1時間半行ったところのショップなら最終時間に修理予約の空きがあるという。まずは見てもらわないと話にならないので、遠方だけど行けない距離ではないしと、予約をお願いし、夕方そのショップへ駆け込みました。

ショップでは、愛想の良い若い男性が対応してくれて、
にこにこ笑みを浮かべながら私を一度も責めることなく話を聞いてくれました。
私はここぞとばかりにPCが動かなくなったことを話して、「直りますよね?」と目で訴えながら、彼の反応をうかがいました。
彼は「簡単に直ることもありますし、そうでないこともありますので。ではちょっと調べてみましょう」そう言ってやおら、目の前でPCをいじり始めました。

私と彼は、テーブルの向こうとこちら側で膝を詰めて離さんばかりの状態でした。
テーブルには大きなディスプレイがあり、私のPCのハードディスクに無事アクセスできればそこに表示されることになっていました。

内心「しまった」と思いました。
この好青年に私の趣味丸出しの壁紙を見られてしまう...個人事業主とはいえ、うっかり仕事用のPCにあんな壁紙を設定しなければよかった。しかもこれ、弁解するわけじゃないけど、PCが壊れる数時間前に設定したばかりでした。
お正月に一人で楽しもうかと、いつもは無味乾燥な壁紙をつかっているのに……なんてことだろう。
PCを治してもらいたいような、でも目の前30cmと離れてないところでエッチな壁紙を二人してみる羽目になるなんてそんなの羞恥プレイじゃないかと、心は千々に乱れました。
好青年はそんな私の心も知らずに一生懸命PCをチェックしてくれている。……うん。
で、それで、結論から言うとどうやっても私のハードディスクは認識されなかった(泣)。

「原因はディスクの電源が落ちてないのにそれ持って移動したためですか?」と聞いてみたら、それよりも、買って5年ならおそらくハードディスクの寿命だと思います。と

ましてや私は電源をつけっぱなしにすることが多い。数日、数週間とかPCを平気でつけっぱなしにしていました。
実はこの使い方は駄目なのだそうです!! 初めて知りました。

「昔はつけっぱなしにするべき!」と習ったのですが……と尋ねたら、今は違うんです。
電源は長時間使わないのならば落とした方がいいといわれました。
知らないうちに時代はすっかり変わってしまっている、と置いてきぼり感で一杯になりました。

PCをつけっぱなして使うという使い方もハードディスクの寿命を縮めている一因なのだそうです。
なんだかもう、踏んだり蹴ったりの1日でした。

というわけで、年末に修理のために遠出をした帰り道に、新しいPCを買って帰る羽目になりました。
セットアップしていて、外付けのハードディスクにバックアップをわりと最近にとっていたことに気づき、仕事もなんとかことなきを得ました。

今回の件は、ほんとに良い勉強になりました。
親切な好青年の店員さんいわく、「PCが壊れるときは、なんらかの兆候があるはずです。 だから少しでもおかしいと思ったら、近くの修理ショップに飛び込んだ方がいいですよ。その方が大事にならなくて済むことが多いです!」だそうです。

少しでもPCの調子が悪いと思ったら、遠慮しないで駆け込んでどんどん聞いた方がいい!との事。
実は私のPCも……そういえば数日前に焦げ臭かった。
今思えばの話である。もっとも、故障と関係あるのかはわからないけれど。

ここでふと思ったのですが、PCとは新しい物を買うか、故障で買い替えるか、この二択の別れ方しかないのです。
ということは、PCの故障というのは私達にとって、実はとても身近な問題なのですね。

PCが故障したときの心構えというのを普段からしておくべきだなぁとしみじみと感じました。
今後は近隣の大阪でパソコンサポート業者を何社か事前に調べておこうと思いました。

お母さんへ感謝をこめて

Leave a comment

20160912a
来月は母の誕生日なので、プリザーブドフラワーのアレンジを贈ろうと思います。
母は花が大好きなので、たっぷりとしたボリュームのあるアレンジにしたいのですが、ただいま予算についての問題が発生中……。
プリザーブドフラワーって、結構お高いんですね。

うーん、どうしよっかなー、いっそ花はやめてケーキにしようかしら……なんて考えながら楽天のショップを色々見ていたら、アーティフィシャルフラワーというのがあるのを知りました。
アーティフィシャルフラワーというのは高性能の造花のようなもので、丈夫で色移りの心配もないそうです。
で、肝心のリアリティについていうと……ブラウザ上で見る限り、お花は結構リアルに再現できてると思いました。
ただ、茎と葉がちょっと作り物っぽすぎるかな?

最近はアーティフィシャルフラワーとプリザーブドフラワーを混ぜて使った商品も増えてきているみたいですね。
確かに、お値段ひかえめでボリュームを出せるというのはとってもありがたいのですが……やっぱり、じっくり見ると本物(プリザーブド)とはなんとなく違いがある。
アーティフィシャルフラワー単体で見ていたときは気にならなかったのですが、横に本物を置くと違いが強調されてしまうんでしょうかね?パーティー会場とかで使うにはいいんでしょうけど、やっぱり近づいて見るのが前提な個人への贈り物としては、プリザーブドのみ・もしくはアーティフィシャルのみのほうが違和感がなくて自然かも。

正直迷いましたが、結局当初の予定通り、プリザーブドフラワーのみのアレンジを注文しました。
サイズは小さめで、花がぎゅっと詰まっているデザインなので、予算不足もきっとごまかせるはず……。
だけどついついアーティフィシャルの大きなアレンジを見て、「しまった、こっちのほうがよかったかな」なんて後悔する、優柔不断な私なのでした……。

追記
ここのところ、全然英語の勉強できてません。ブログもサボり気味だし……。
でも、代わりといってはなんですが、最近和食に凝ってるんですよ。
焼きなす丼はおいしいと好評でした♪

夕飯のリクエスト

Leave a comment

主人は仕事が忙しく、もともと家であまり夕飯を食べませんし、子供も含めて家族全員で夕飯を食べる機会がなかなかありません。
それでついついみんなで一緒に食べている感じが楽しめる、お鍋やホットプレートを使う焼肉やお好み焼きといったメニューを選んでしまいます。
昨日もしゃぶしゃぶにしたのですが、主人が食べ終わってから「最近、俺、カレー食べてないな」と言うのです。
他に何か食べてないものとか食べたいものはある?と聞いてみたら、オムレツ・焼きうどん・ハンバーグあたりかな?というのです。
言われてみれば主人は仕事だけれど子供はいる土曜日の昼ご飯でよく作るので、つい私の中では作ったとカウントしてしまって、主人には出していないものばかりです。
家族の食事を預かるものとしてうっかりしていました、大反省です。
そろそろ大型の休みに入るので、主人が言っていたものを心を込めて全部作るつもりです。
休日は子供もお料理を覚えるチャンスなので、私の作り方を子供にも伝えて、我が家の味付けを伝承してもらえたらいいかなとも思います。
この頃新作メニューを考えるのに夢中になっていて、王道メニューをさぼっていました。
手作り餃子も作ってあげるつもりです。
temakizushi_couple

料理が超下手だった私!彼氏ができて上達しました

Leave a comment

大学で親元を離れるまで、全く料理をしたことがなかった私。
一人暮らしをはじめて、節約のことも考え自炊をすることにしたときに、最初は色々と今では考えられない間違いをしていたなと思います。
まず買い物の際にも、野菜に賞味期限がついていないことに驚いたり、卵を雑に扱って家に帰るまでに全部割ってしまったり。
実際の料理では、レンジで蒸し野菜を作ろうとして加減を間違えて野菜を炭化させたり、炊飯器で炊き込みご飯をつくろうとして水の量を間違え、お粥を作ってしまったり…本当に漫画みたいなことばかりしていました。
そんな調子だったので、しばらくはコンソメをお湯に溶かして、玉ねぎと人参とキャベツとベーコンを細かく刻んで入れたコンソメスープばかりを作っては食べることになり、当然どんどん痩せることに。その内に、そんな風に痩せたからなのか、彼氏ができました。
その彼氏が「彼女の作ったご飯が食べたい」という人だったので、今までの様に適当に料理することができなくなり、真面目に料理に取り組んでみることに。
はじめはカレーやマーボー豆腐など、料理の「もと」があって簡単にできるものばかりを作っていましたが、そういう料理がまともにできるようになると、レシピを見つつ色んな料理を試しに作るようになりました。
自分一人のためだったら色んな料理を作ろうとは思わなかったかもしれませんが、何を作っても彼がおいしいと言ってくれて作り甲斐があったので、大学にいるうちに料理は割と得意になり、ついにはお弁当やお菓子作りまでするように。
まさか自分がそんなに料理を作るのが好きになるとは思いませんでしたし、ちゃんと料理ができるようになるとは思いもよりませんでしたが、結婚して子育て中の今、「おいしい」と私の料理やお菓子を食べてくれる子供を見ていると、どうにか人並みにご飯をつくれるようになって良かったなと改めて思います。
失敗した私の料理でもちゃんと食べてくれた、当時の彼…現在の私の夫には感謝です。
最近では料理レシピのブログなども参考にしています