子供の歯科矯正継続中

現在中学2年生の息子の歯科矯正についてお話したいと思います。 息子は小学2年生の時に学校の歯科検診でひっかかり、歯科医院で再検査を受けるこ とになりました。 学校での検査でひっかかった原因は噛み合わせの悪さで、詳しく歯科医院で検査する と過蓋咬合と診断されました。   過蓋咬合とは、上の前歯か下の前歯が内側に入り込み過ぎている状態の噛み合わせの ことらしく、息子の場合は、上の前歯下の前歯両方共が内側に入り込み、結果、奥歯 の成長が妨げられているということでした。   上の歯と下の歯が入り込んで成長していくと奥歯が強く圧迫されて、下手をすると奥 歯が擦り切れて歯茎より上に出てこれなくなるというのです。 この過蓋咬合の解決のためには、上下の前歯を本来あるべき手前の位置まで引っ張っ てくることです。   息子は上の前歯が下の前歯を内側に押し込む噛み合わせなので、まず上の前歯のみを ワイヤーを使って手前に引っ張って固定しています。 上の前歯が手前に引っ張られると、上の前歯と下の前歯の間に空間ができるため、今 まで下の前歯にかかっていた圧力が軽減されます。 この状態を続けることで、自然に下の前歯も手前に移動してくるのです。 同時に、奥歯にかかっていた圧力も軽減するため、息子の場合は奥歯を少し高くする 加工をしてもらっていました。 これによって奥歯が擦り切れることを防ぎ、下の前歯が手前に移動しやすくなるので す。 息子が矯正を始めたのは小学2年生でまだ小さかったこともあり、できるだけワイ ヤーでの矯正を最小限にし、痛みなど伴わないために歯科医の先生が施して下さった 治療法でした。   しかしこの治療法は時間がかかるものだったので、これに合わせて、取り外しのでき る型を学校の休みの日などに口の中にはめて過ごすようにと勧められました。 毎日きちんとすればよかったのですが、息子にとって割と大きな型を口の中に入れ続 けるのは苦痛で、ほとんどはめずに過ごす状態でした。 小学生の間は週1回のペースで治療を受けていましたが、中学生になってからは月1回 の治療に変わりました。   中学2年生になった現在、やっとすべて永久歯に生え代わり、苦痛だった型もなるべ く続けて口の中にはめていられるようになりました。 時間はかかっていますが、もうすぐ矯正治療も完了しそうです。

シミ、シワ、たるみは女性の永遠の悩みなのかな?

10代、20代の前半の頃は自分にとってシミ、シワ、たるみなんて全く関係ないと思っていたまさに幸せな時代でした。
学生時代は部活動やアウトドアなスポーツにも何の抵抗もなく、太陽はお友達と思っていたくらいです。
しかし、25歳を過ぎる頃になると、お肌の曲がり角という言葉がやたら気になるようになりました。

日焼けしてもすぐにもとに戻っていた肌は、歳を重ねるごとに戻りにくくなり、色素が沈着していると感じるようになりました。
顔はお化粧することで日焼けから多少は守られていましたが、案外気にしていなかった首元、デコルテの辺りに小さなシミが出来始めたのです。

出来始めにシミ取りクリームや化粧水などでケアすると少しは薄くなりましたが、年齢を重ねるごとにその回復力は弱まっていきました。
大きな口を開けて顔をくしゃくしゃにして大笑いするなんて、若い頃だけの特権です。

その行動はすぐさまシワとなって現れるようになりました。目尻の小ジワはもちろん、最も老け顔にさせるほうれい線は、顔面のたるみが引き起こす難敵です。
気付いたらある日突然に現れているので、発見した時のショックはかなり大きいものです。
シワとたるみを解消するための顔筋マッサージというのが流行った時は、ハウツー本を買って来てすぐにトライしてみました。
下から上へと引き上げるようなマッサージがシワとたるみを予防するというので、毎日かかさず行いました。
しかし、多少の変化は感じるものの、やはり引力には逆らえず、限界がありました。

その後、また顔筋トレーニングと称する変顔で顔の筋肉を鍛えるというのが流行りだし、またもやすぐにハウツー本に飛びつきました。
顔の筋肉が疲れる程にトレーニングすることで、シワを伸ばし、たるみを解消するというもので、推奨している著者は実年齢よりもかなり若く見え、生き生きとされていたのです。
私もそうなりたいと入浴中など、一人になる時には必ず顔筋トレーニングを試みていました。
多少は変わったように思いましたが、もともと怠け癖のある私は結局続かず挫折してしまいました。
現在48歳ですが、最近ではこの顔も歳を重ねた証と受け止めて無理しないようにしています。
笑いたい時に大きな口を開けて笑った方が、心にも体にもいい気がして無理しない生活が元気をくれるように思えるからです。

https://www.tachibana-cl.com/

心は変化し続け、そして身の丈にあった生活に落ち着きました。

今まで世間で言われてきたことが「古い」常識であったり、科学的に間違いであると 立証されたりすることがあります。特に家事や育児を担う女性たちは、掃除の仕方や 子育てなどを 手探りで身につけていった課程もあり、なんだか裏切られた感じすら してしまうものです。 とりわけ頑張らなきゃ、これくらいできてなくちゃ、と張り切ってしまう気持ちが 強いと、掃除はとことん綺麗にしたり、食事は栄養面で気をつかったり、一日中気を 張って過ごしてしまった過去の自分がいました。   もし、上・中・下に分かれるとすれば私は中くらいでいいと思う人です。だから結 構手抜きもしてきました。けれども、それも後々にそんな自分になっていたのだと思 います。いつもそれで大丈夫、と思えるまでには時間がかかり、料理はレシピ本を見 てきっちり分量を量り、子供は8時までには寝かせていました。そして朝はトースト パンですますなんてだめだ、ちゃんとご飯を作ってこそ主婦、と思っていたくらいで す。そんな「主婦論」に凝り固まっていた私が、それなりに3人目を身ごもり、実家 でお世話になることに。その実家には、父と再婚で一緒に暮らす母がいました。私 は、その血のつながらない母ともうまがあって、電話もよく掛け合いました。そんな 関係が築かれてもいて、 「こっちで生んだらええよ」と、是非にそうしてほしい、といわんばかりの言い方に 甘えて帰省したのでした。   そして、無事出産を終え、帰省の時になって 「今日くらい、お弁当で大丈夫だから。親子で楽しくお弁当たべれたらそれが一 番!」そんなことを言われて、少し考えてしまいました。 だって、お弁当は作る物で、買うものじゃない、くらいに思っていた私には思いつ かないことだったからです。そもそも凝り固まった思考の持ち主の私は、水を買う人 さえもおかしいと思っていました。 水?それって買うの?お茶?120円も出して?美味しいお茶簡単につくれるの に、などなど・・。 「それって、昭和の考え(昭和うまれだけれど)だよ」とよく人から言われたもの です。 だから、義母からその言葉を受け取った日をきっかけに「心」重視の生活に切り替 えられた、そんな気がしています。何しろ3人目です。とにかく手を抜かないことに は日常生活が進んでいきません。なんでもタイミングがあるのかもしれないな、と今 になって思います。もし、それが出産後でなければ心に届きはしなかったのかもしれ ないし。それからの変化はすごかった、と思っています。上手に手を抜くことが、い かに心を健全に保っていけるかにもかかっていると思ったりもします。   最終的には様々な「余計なもの」を殆ど手放すことにも成功しています。掃除道具 もバケツとタオルがあれば事足りる、とスポンジ関連は台所の食器洗いくらいです。 今はそれさえも要らないかも、と思ってしまってる自分がいます。だから食器洗い機 もありますが、必要ありません。食事が終わって暫く経ってから食器の拭き取り作業 や片付けをするのは面倒すぎると思えるからです。あとの洗浄機洗浄も絡んでくる し、そもそも置き場所も勿体なく思えて、とうとう取り外してしまいました。これを 欲しくて購入する人もいるのに! トイレマットもキッチンマットも要らない、マットを洗わなければならないし、替 えも必要になって、不経済、といつも拭いていればいいことだとも思えます。   ところで、私が手放した一番大きな物は、何を隠そう「家」なのです。我が家は近所でも目立つ3階建てで、その大きい家に、3世代同居している。しかも、4家族で す。掃除も食事も仕事もこなして常にフル回転で動いていた私は、さすがに持ちこた えられませんでした。すべての家族の甘えを受け止めることはできません。人生の終 わりまでこの大きな家の掃除をし続けるのかと思うと、無理だと悟りました。だから 独り、家を出て身の丈にあった部屋に住み、身の丈にあった暮らしをしています。そ れで十分です。

学習塾の裏事情まで知り尽くした元塾講師の視点として

学習指導要領が脱ゆとりにシフトし、以前に比べて内容も濃くなりました。
しかし、学校の先生たちは部活動やモンスターペアレントの対応など非常に多忙です。
副担任がいたとしても生徒一人一人に掛けられる目と手はさほど多くなく、依然として学習塾の需要はあります
一方で少子化もあり、学習塾はそれぞれ生き残りをかけています。
学習塾を選ぶにあたって、どこがポイントか元学習塾講師の目を通じてお伝えします。

【レベル別授業】
首都圏私立の上高校を狙うのであれば、生徒ごとの習熟度に合わせてクラス変動がある塾を選ぶようにしましょう。
このとき、テキストが違って大変…というのではなく同じテキストを使いながらより深く学習できるコースを設定している塾が望ましいです。
中学生の場合は、3教科ないし5教科まとめての移動よりも単科で変動させてくれる方が弱点の克服と得意科目の伸長とダブルでカバーできます。

【授業料補助制度】
最近の塾では授業料の補助や免除をしてくれるところもあります。
塾ごとに模試の基準は違いますが、大手の高校受験塾であれば「駿台模試」の結果を提出するとよいでしょう。
こちらの模試は大変難しく、公立中学で最優秀と呼ばれる層であっても偏差値50を切るのはザラです。
駿台模試で偏差値60以上を取っていれば、入塾を断られることもほとんどありません。
特待生待遇で入塾することも可能ですが、塾それぞれで制度は異なりますので、詳細は各塾にお尋ねください。

【宣伝広告】
最近は生徒さんの合格校と本名、それから顔写真を掲載した広告を配布する学習塾も多いようです。
これらは、情報を受け取る側にとっては嘘偽りのない広告として非常に信頼できます。
しかし、一方で我が子の顔と名前、合格した学校が顔も知らない他人にばれてしまう、ということでもあります。
そして、親しい間柄であれば不合格だった高校もバレる危険があるわけです。
そのことを天秤にかけて選ぶ必要があります。

【外部の訪問者への対応】
学習塾に話に行った時、すぐに来客対応をしてくれる塾は果たして良い塾でしょうか。
それが、例えば午後2時で、生徒がまだ授業に入っていない時間帯であれば問題ないでしょう。
ですが、夕方に行って教室長レベルの担当者が対応する。これはいけません。
教室長と授業担当者が完全にわかれているならいいんですが、実力のある講師が教室運営もしているとなると避けたい塾です。
理由は、その講師が担当している授業を他の講師に任せたり、場合によっては自習にして対応しているからです。
つまり、我が子が入塾した場合に授業中にほっぽり出される可能性があるわけです。
手厚い指導を求めるなら、子供たちを第一に考えてくれる塾の方がいいですよね。

私の好きなサッカー日本代表選手

Leave a comment

私はスポーツ観戦が大好きです。野球、バスケット、アメリカンフットボール、バレーボールなど、スポーツはテレビでやってるとついつい見てしまいます。
その中でも私が特別に大好きなのがサッカー!!
日本代表戦はいつもハラハラドキドキしながらテレビの前で大騒ぎです。
そんな私を虜にしているサッカー日本代表。その中でも私が大好きな選手を3人紹介したいと思います。
まず一人目はゴールキーパーの川島永嗣選手!
いつも大声を張り上げて味方のゴールを守る姿がとても頼もしいです。控えからでも文句を言わずに這い上がる姿勢がとても素晴らしいと思います。語学にも堪能らしく、野生的な動きとのギャップがとても魅力的。私がサッカーを好きになったきっかけの選手でもあります。
続いて二人目は長友佑都選手!
ものすごいスピードでサイドラインを駆け上がる姿が印象的。バネのようにピッチの中を跳ね回っています。昔は若手でいじられ役のイメージもありましたが、今ではすっかり頼れるベテランです。いつまでもパフォーマンスが落ちないプロ意識の高さに感服です。練習場で握手してもらった際にとても紳士的な対応で一気にファンになってしまいました。

ラストの三人目は岡崎慎司選手!
日本代表のストライカーでいつも大事なところで得点を決めてくれます。どんなボールでも頭から飛び込んでいく泥臭くて貪欲な姿勢にとても勇気をもらっています。プレーで気持ちが伝わるってこういうことか?としみじみ感じさせてくれる選手。私はそういう熱い選手が大好きです。飾らない姿勢もかっこいいです。
以上が私の大好きな日本代表の選手です。
他にもたくさん魅力的な選手たちがいて、その個性あふれる選手たちがチームで一つになって私たちの代表として戦ってくれてることを感じるといつも胸が熱くなります。

これからも日本の代表として頑張ってくれる選手たちを応援し、勇気をもらいながら毎日頑張っていこうと思います。

自分の歯のように使える

Leave a comment

右下の奥から2番目の歯が、昔虫歯になってしまい、そのときの処置が適正ではなかったため、それから10年ほど経って違う歯医者に行ったら、抜歯をしないといけないと言われました。
とてもショックで、なんで歯を抜かないといけないの?と思いました。

初めて行った歯医者さんでそう言われたので、念のためと思い、セカンドオピニオンで別の和泉市の歯医者さんにも行きました。
すると、同じような見解で、抜歯をした方がいいとのことでした。

なので、覚悟ができて、最初にかかった歯医者さんで抜歯をして、インプラントにしてもらうことにしました。
高額だったので悩みましたが、歯のことを考えるとインプラントがいいと思い、決断しました。
ブリッジは両サイドの健康な歯も削らないといけないのですが、インプラントは、他の歯には影響しません。

悪くなってしまった歯を抜いて、金属を骨に植え付け、義歯をつけるというもの。
以前テレビなどで、インプラントが問題になっていたのを見たので、本当に大丈夫なのかなという心配もありましたが、そこは先生に質問させていただき、大丈夫だと言うことで、安心してやってもらうことができました。

抜歯をしてから、金属が定着するまで結構時間がかかったり、義歯が出来てつけてもらうまでにも時間がかかりましたが、インプラントをつけてもらってから、何不自由なく物を食べることができます。
本当に自分の歯のような感じがするので、とてもいいです。
高額でしたが、思い切ってインプラントにしてよかったと思います。

インプラントは、その後の手入れもしっかりとする必要があります。
他の歯が歯周病になれば、インプラントの歯もダメになりますと先生に言われていたので、気を付けています。
毎日の歯磨きはもちろん、3ヶ月に一度、歯科検診をしてもらっています。
定期的にチェックしてもらうことが大事だと私は思います。

インプラントは義歯なので、かみ合わせなどの調節もしないといけないと言われます。
今後はもう抜歯などしたくないので、気を付けたいと思います。

ベッキーのプロ根性を真似てみる

Leave a comment

何かと影響を受けやすい私。

この前ベッキーが久々にテレビに出たという、「もしものふたり」という番組を見ました。
妹さんのジェシカちゃんと出ていたものです。

ベッキーは普段からテレビに出る時のプロ根性があるなーと思っていたのですが、彼女はもとから「水は絶対に常温、氷水などで身体を冷やさない」を豪語していたことは有名で、いつも元気な姿をお茶の間に届けるための努力は欠かさないでいたんですよね。

そんな様子が「もしものふたり」から垣間見れて。私も早速実践してみよう!と思ったわけです。

気付いた点。朝は10分沸かした白湯からスタート。
朝白湯からスタートというのは私も実践していたのですが、正直何に効果があるかがイマイチわからないまま続けていた感じで。。しかもレンジで30秒チンした白湯。でも、ベッキーはちゃんと10分間お湯をゆっくり煮立てていました。それもポイントなのかしら?
私はぐぐっと一気に飲み干していましたが、彼女はマイボトルに入れて持ち歩いていました。少しずつ飲むこともポイントなのかもしれませんね。

そして夜寝るときは口にマスク。乾燥から喉を守るということでしょう。
衝撃的だったのが、口にテープを貼って寝ていました。
何でも口にテープを貼ることによって確実に鼻呼吸をし続けることができることで、深い眠りにつくことができる、とのことです。
私はもともと眠りがものすごい浅いので、早速実践してみたのですが…初日だということもあってか、テープの存在に緊張してしまったのか、全く深い眠りにつけず…かえってオムニバス形式になった夢をひたすら見てしまい、浅い浅い眠りにしかつくことができませんでした。
これはもう少し続けて効果を見るしかないですかね?
ベッキーはこれを欠かさず続けているというのですから、まさにプロ根性です。

番組を通してベッキーがどれだけ真面目な子なのかが伝わってきました。
妹さんのジェシカちゃんとの対照的な部分も垣間見れて、そこも面白かったです。
それにしても美人姉妹ですよね。これからのベッキーも応援していきたいです。

失敗しない住宅の塗料の上手な選び方

Leave a comment

お家を自分でリフォームしたい、年月が経ったから少しでもきれいに見せたいなど、普段DIYの経験が無い方でも上手な住宅塗料の選び方を知ることにより、気軽に住宅の補修が可能になるとともに、自分の理想の風合いを自身で表現することができます。
住宅の外壁や屋根を修理する時使われる塗料は、大きく分けると4種類のあります。
シリコン樹脂塗料、アクリル樹脂塗料、ウレタン樹脂塗料、フッ素樹脂塗料です。

まず、大きな家やマンションの外壁を塗り替えを一度行ったら長く持たせたいと言う方は、シリコン樹脂塗料がオススメです。
シリコン樹脂塗料は防水性に優れており、塗ると硬く、光沢のあるガラス質の塗装膜にになるので、剥がれたり膨らむことが少なく、内部の結露防止することができます。また価格も安く、機能性も経済的にもメリットの高い塗料です。

次に、耐久性を重視しない家を鮮やかな色で塗りたいときは、アクリル樹脂塗料をお勧めします。
光沢と保色が優れているのと、日照等による高温の偏食にも耐久性があり、電気を通さないと言うのが特徴です。値段はお手頃ですが、耐久年数が5年と短いため、塗り直しや点検は必要です。

次に、環境に重点を置いた家の補修をする場合は一般的な外壁や屋根の塗料であるウレタン樹脂塗料がオススメです。水や油になどの耐久性も強く、またたわみ性や耐摩耗性に優れており、床に使用されています。また、コンクリートやアルミなど様々な材質のものと相性が良く、特に木材に塗布することに優れています。
最後に艶の持ちが良いで家づくりをしたい場合は、耐久性が12年以上と長持ちのフッ素樹脂塗料がオススメです。いちど塗れば、長期乗り換えが不要で、耐久性美しさともに優れていますが、値段が高価なため一般住宅よりもマンションやビルなどに使われます。

このような知識を踏まえた上で、自分の手で大切な家を補修できたら、もっと愛着のわく素敵な家へ生まれ変わると思います。

節約アラフォー主婦のゆるーい日記

Leave a comment

初めまして、アラフォー節約主婦の豆子です。
ほとんど専業主婦ですが、専業主婦でも少しだけおこずかい稼ぎをしたり、習い事を楽しんだり、節約をしたりしています。そんなゆるーい日々を綴っていこうと思います。

さてさて、今日は豆子のちょっとしたおこずかい稼ぎ兼病気予防方法をお伝えしますね。
おこずかいを稼ぐために、まず働けばいいじゃないか?という意見があるかと思います。少し事情を説明しますと、実は豆子はアラフォーながら妊活中の身なのです。最後の挑戦ともいうべき年齢だと自覚していますので、後々働くことはもちろん前提ですが、今は妊活に専念しようと思っています。なので、妊活をしながらゆるく働くということで、ストレスの発散や体作りができるもの、前々から興味があったもの、あくまでゆるいもの。という条件をクリアしたものを始めました。これから、妊活がいよいよ本格的な段階になってきたので、今後いつまで続けられるか?は不明ですが、体調も良いし、気に入っているので、できる限り続けていきたいなとも思っています。
さて、豆子のお仕事の内容ですが、『リビング新聞配布』なのです。きっとどこの街でも配布されていると思いますが、リビングレディという(主に)女性が配布しています。

お仕事内容ですが、まずは、月に2回リビング新聞を自分の担当地域に配布します。配布する前に、自宅にチラシと新聞が届くので、それを折り込み作業(内職)をして、その後配布します。チラシの数や、配布する部数によって個人差がありますが、ベテランさんになると2地域配布していたりするので、バイト代も人それぞれのようです。システムもきちんとしていて、はじめる前には担当者からしっかりとマニュアル説明があったり、初回はリーダーさんが一緒に回ってくれたりして安心でした。豆子のバイト代は平均して月に24000円くらいです。気に入っているところは、元々やってみたかった、歩いて配布しているので簡単な運動ができて病気予防になる、特に妊活には足の筋肉が大切みたいなのです。他には、地域に詳しくなる、おこずかいが稼げる、単純なので折り込み作業は家でテレビを見ながらできる、などです。チラシの量が多い時は、新聞自体の重さも増えるので圧倒されてしまいますが、配布し終わった後の達成感がすごくて、「もう少し配布したい」なんて思ってしまったりすることもあるんですよ。以上、ちょっとゆるくできるアルバイトのご紹介でした。
589922s

我が家の入歯事情について

Leave a comment

実家の母、姉が入歯です。
母66歳、姉43歳です。
母は私を含めて四人の子供を出産しています。母子手帳にも歯科検診用紙があるので出産経験が多い程に歯が弱くなるんだなと感じます。

今まで色んな歯医者に通っていた母。
部分入歯なので途中で痛くなったり気持ち悪くなったりするみたいで長年悩んでいました。
自分にあった入歯や歯医者を選ぶのは大変で苦労するみたいですね。
なので小さい頃から歯医者によく連れていかれて歯は大事にしなさいと口が酸っぱくなる程に言われてきました。

そんな私は今、大の歯医者嫌いです(笑)
歯みがきが大嫌いで5年くらい前に行った歯医者ではこのままだと40歳になるまでに総入歯になるよと言われました。
でも歯医者に行くのをやめてしまいまして本当に痛くてたまらない時は歯科大学病院に行って麻酔をして治療してもらっています。

次に姉ですが姉は一人しか出産していません。
歯みがきも毎日欠かさずしていますしそんな人でも入歯になるんだなとゆう印象です。
しいて原因があるとすればたばこですかね。
長年吸っていますので歯はヤニで黄色っぽく入歯になる前は差し歯でした。
今でも入歯専門の歯科医に通っているみたいです。

私自身もたばこを吸っていますので将来的に心配ではあります。
私には母と姉の他にも家族がいますがみんな歯並びが悪かったり歯医者に通っていたりと歯に問題がある身内ばかりです。遺伝しているかは謎です(笑)
私は歯医者が嫌いで歯みがきが嫌いでありながら正直、入歯には偏見があります。
やはり家族の苦労を見てきましたし不便さなどを考えると自分は入歯にはしたくないです。
でも本当にどうしようもなくなると入歯にするしかないですよね。
私は嫌な部分しか見えていないだけで入歯になってよかった人や幸せな人もいらっしゃると思います。そんな方々の話も聞いてみたいです。
私も子供を二人出産しました。
そしてまだ子供を生みたいと思っています。
年をとるたびに弱くなっていく歯に不安もあります。

姉のように40代で入歯になりたくないです。
今は昔に比べると医学も進んできているので入歯にしなくてもいい方法や治療法ができたらいいなと切に願います。
好きなものを自分の歯で食べれるありがたみに日々感謝して大事にしていきたいと思います。
そしてわが子達にもしっかりと伝えていきます。
私のように歯医者嫌いにならないように、自分の歯は自分で守るように育てていきます。